麻の服専門店Aエーメインビジュアル麻の帽子麻の羽織コート麻のもんぺパンツ

【麻の服】心地いい気持ちいいほっとする

湖と山と光ヨガをする女性

麻の服が心地いいのは何故でしょう。

古い文献によると、綿花が一般化する前は麻を主原料に衣服が作られていたそうです。

日本人は古来から服、建材、お祓い道具、その他様々な用途に麻を用いてきました。

もしかしたら、このほっとする安心感はDNAに残された古の記憶なのかもしれません。

麻の種類は主に3つリネン、ラミー、ヘンプ

青の毛糸赤の毛糸緑の毛糸

麻の種類は主に3つ。

苧麻(からむし)「リネン」、

亜麻(あま)「ラミー」、

大麻(おおあさ)「ヘンプ」。

一般的に麻の服として認識されているのはリネンとラミーを使った服です。

涼しい素材のリネンとラミーは主に夏に利用されています。

麻の服専門店A(エー)の服はヘンプ100%

ヘンプ麻の葉ヘンプオイル麻の生地

リネン、ラミー、ヘンプの中で麻の服専門店A(エー)が選んだ素材はヘンプ。

通年利用出来て、環境にやさしく、健康面に作用するヘンプ麻100%のシンプルな服をご提案します。

ヘンプ麻の服【この着心地、圧倒的!】

喜ぶ笑顔の白い服の女性

ヘンプ麻の服は圧倒的に楽な着心地です。

広がり、包容、尊重、ほっとします。

あ!ほんわか暖かい【ヘンプ麻はオールシーズン使えます】

暖かい光と花の風景

・ヘンプ繊維の空気層でほんわか暖かい。

・ヘンプ生地は早く乾くからほんわか暖かい。

・麻ヘンプ生地は発熱衣類と似た吸湿発熱効果を持ちほんわか暖かい。

ここからは【仮説】です。

ヘンプ麻の生地をまとうと身体が安心する。

安心感→リラックス効果→血液の流れがが良くなる→自ら発熱で暖かい

分からない事もたくさんあるけど、ヘンプ麻はオールシーズン使えます。

はいてる?【麻の服は軽快かるくてみがるでフワッとする】

飛ぶ女性青い布海

ヘンプ麻の服の特徴のひとつ。

軽いこと。

着てる感覚、はいてる感覚が少なくてとてもみがるです。

とても主観的な表現ですが、スッとして、フワッとします。

麻生地の工程は最小【糸→織り上げ→湯通し→完成!】

機織り糸

麻の服専門店A(エー)の麻ヘンプ生地が出来上がるまでの工程はとてもシンプルです。

工程が少ないほど自然に近い。

自然に近いという事は人にやさしい。そのように考えました。

服のつくりはシンプル。縫製職人さんが楽しくつくれるように。

縫製ミシン女性の手

余裕があって、楽な気持ち楽しい気持ちで作られた服。

楽しい気持ちで作られた服を着る人もやっぱり楽しい気持ちになる。

作る人も着る人も嬉しい服。そのためのシンプルさです。