心地いい 気持ちいい
ほっとする

麻の服ストールと女性

麻の服が心地いいのは何故でしょう。
日本では、綿花が一般化する前は麻を主な原料として
衣服が作られていたそうです。
衣服だけでなく、建材、お祓い道具、
その他様々な用途に麻を用いてきました。
もしかしたら、このほっとする安心感は
DNAに残された古の記憶なのかもしれません。

 

 

麻の種類は主に3つ
リネン ラミー ヘンプ

麻糸の画像リネンとラミーとヘンプ

麻の種類は主に3つ。

苧麻(からむし)・リネン
亜麻(あま)・ラミー
大麻(おおあさ)・ヘンプ

一般的に麻の服として認識されているのは
リネンとラミーです。
涼しい素材のリネンとラミーは
夏の衣料にとても適しています。

 

 

麻の服専門店A の服はヘンプ

その中から 麻の服専門店A が選んだ素材はヘンプ。
麻の中でも特に吸湿・発散性に優れ
保温効果もあるヘンプは
四季を通して気持ちよく
お使いいただくことができる素材です。
人と地球にやさしい
ヘンプ麻100%の服をご提案します。

 

 

ヘンプ100% やさしい着心地

ヘンプは、素材が自然に持つ力で
暖かくも涼しくもなる繊維です。
無理な加工を施していない生地だから
とてもやさしい着心地です。

 

 

暖かくて涼しい ヘンプ麻

麻は、サラッとした感触と優れた吸湿・発散性で
夏にはとても嬉しい素材とされています。
加えてヘンプ麻は、繊維の空気層と速乾性
発熱衣類と似た吸湿発熱効果を持っているため
ふんわり自然な保温効果が。
だからオールシーズン気持ちよくお使いください。
涼しくて暖かい…四季のある日本で
ずっと大切に使われ続けてきた
不思議で貴重な麻、ヘンプです。

 

 

誰もが「いいね」と感じる服

ずっと昔から大事にされてきた素材を使って
誰からも「いいね」と感じてもらえる
そんな服を目指して。
「着てみたいな」
そう思っていただけるように。

 

 

糸  織り上げ  湯通し

機織り糸

麻の服専門店A の麻ヘンプ生地が出来上がるまでの
工程はとてもシンプル。
工程が少ないほど自然に近い
自然に近いという事は
人にやさしい 環境にやさしい。

 

 

丁寧に ひとつひとつ

縫製ミシン女性の手

着てくれる人のことを思って
ひとつひとつ 丁寧に。
優しい気持ちで作られた服を着る人も
やっぱり優しい気持ちになる。

素材から加工 縫製まで
人と地球に優しい
麻の服

 

 

レディースに特化した姉妹ブランドが新しく出来ました!

KIKUYA HEMPはコチラ

「KIKUYA HEMP公式LINE」にお友だち登録お願いします

友だち追加